任意売却

任意売却のことなら、ひろさき地所へお気軽に相談ください!

任意売却の場合

①市場価格に近い高額売却が期待できます

業者による入札が多い競売では、転売目的での参入が多く、市場価格より低い金額で落札されることが多いため、残債が多く残ってしまう可能性があります。一方の任意売却は、市場価格や相場に近い価格での売買が期待できます。

②引越し時期・条件・明渡し等において融通が利ききます

競売で落札された場合、落札後に早期立退きを迫られます。明け渡しを行わなければ不法占拠者として強制執行されます。
任意売却であれば、買主や債権者との打ち合わせの中で、引越時期や条件等である程度柔軟に要望を聞いてもらいやすいです。

③近所に知れる事なくプライバシーが守れます

競売にかけられると、執行官による自宅調査や近所への状況確認等があり、競売情報サイトなどでインターネット上でも明らかになります。
任意売却では通常の住み替えとして販売活動が行われるので、プライバシーも守りやすく、引越のために売るのと変わりません。

④引越し代等の諸費用(余剰金)の確保が見込めます

競売では、立退料や引越し費等の請求をする事は出来ませんが、任意売却では債権者との調整次第で、売却代金の中から一部を引越代金や住み替え資金などの諸費用(余剰金)が配分される可能性が高くなります。

⑤精神面のダメージが少なく安心していられます

裁判所が介入する競売では、債務者の意向は反映されず、強制的に退去させられるということもあり、精神的ダメージが残ります。
一方の任意売却は裁判所の介入がなく、自主売買での引っ越しとなるため、ゆとりを持って計画的に退去・引越しができます。

⑥任意売却を行うにあたり一切費用は掛かかりません

通常の仲介での不動産売買と変わらない為、特別な費用はかかりません。
全ての手続きにまつわる諸費用は、物件の売却費用から配分されます。

ひろさき地所では下記の様な相談について、任意売却を通じて解決していきます。

不動産を売った後が心配、税金や管理費の滞納がある、引っ越し費用がない他 そんな方は、ひろさき地所にお気軽に相談ください!
  • 豊富な経験・知識を持ったコンサルタントが担当します!
  • 一部(または全部)の滞納費用の捻出が可能です。
  • お客様の状況に応じたアドバイスを行い、任意売却後のことを視野に入れた販売活動を行います!
  • 債務整理の実績豊富な弁護士や司法書士をお客様の状況に応じてご紹介します!
  • 迅速な対応・秘密厳守でご相談に応じます!
©2015- 弘前の不動産・中古住宅をお探しなら|ひろさき地所 All Rights Reserved.