売却の流れと費用

不動産売却の流れと費用

不動産売却の検討

  • 売却する不動産の査定をしてもらう。→ 不動産の無料査定はこちら
  • 金額や条件が合えば仲介を依頼する。
  • 購入の申し込みが入り、価格・条件等の折り合いがつけば売却を決意する。
  • 買主・売主双方の都合を調整し契約日を決める。
  • 固定資産税通知書を用意する(固定資産税折半の計算のため)

契約時の流れ

契約時にする事
  • 通常、物件を管理している不動産会社の事務所で行います。
  • 売主・買主同席の上、契約内容を確認し契約書に記名押印する。
  • 契約のための手付金を受け取る。(通常売買代金の5~10%の範囲で受け渡しされます。)
  • 所有権移転・代金受取の日時を決める。
契約時に必要なもの
  • 身分証明書
  • 認印
  • 印紙代 (売買契約書の記載金額に応じ1,000円~10,000円)

契約後の流れ

契約後にする事

所得権移転・代金支払

契約から2週間~1ヶ月後に行います。

通常銀行にて所有権移転を行う。

買主側の銀行口座がある銀行支店、またはローンの場合は、申し込みをした銀行
売主・買主同席の上、司法書士が代金の支払いと同時に所有権の移転登記手続きを行う。

契約後に必要なお金

:仲介手数料

不動産会社の仲介により不動産を購入した場合は、仲介手数料として
(売買代金×3%+6万円)+消費税8%

―例―

売買代金1000万円とすると
仲介手数料 388,800円


:登記費用(抵当権抹消手続き等がある場合)

不動産譲渡所得税

長期譲渡所得と短期譲渡所得の区分
  • 長期譲渡所得 : 譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年を超えるもの。
  • 短期譲渡所得 : 譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年以下のもの。
譲渡所得税の計算

●課税譲渡所得金額=譲渡価額-(取得費+譲渡費用)-特別控除

長期譲渡所得の場合

税額=課税長期譲渡所得金額×税率20%(所得税15%、住民税5%)

短期譲渡所得の場合

税額=課税短期譲渡所得金額×税率39%(所得税30%、住民税9%)

取得費と譲渡費用

:取得費

譲渡した不動産の取得の際にかかった費用で、購入代金・仲介手数料や税金・登記費用などが含まれます。

:譲渡費用

不動産の売却のためにかかった費用のことで、仲介手数料や広告料・登録免許税などが含まれます。

©2015- 弘前の不動産・中古住宅をお探しなら|ひろさき地所 All Rights Reserved.